老後2,000万円問題などで先が見えない日本経済を救え!
顧客の資産の保護とトータル資産形成を起点とした新会社「株式会社CONSTNAK(コンスタンク)」を設立

様々なリスクが蔓延している日本経済から金融コンサルティング事業などを通して顧客の資産を守り、幸せへと繋がる資産形成を目的としています。

大阪府大阪市にこの度、資産運用の形成と金融資産の保護を起点とした新会社「株式会社CONSTANK」を設立したことをお知らせいたします。

代表取締役の田中晃は同志社大学卒業後、共済組合においてFP相談業務に携わり、その後、東証一部上場企業の人事部で金融商品や社会保険に関するノウハウを蓄積。

その経験とノウハウ、そして、自身の幅広い投資経験を活用し、貯蓄から投資を提唱する現在の日本経済の発展に貢献すべく「株式会社 CONSTANK」を設立しました。

株式会社CONSTANK(コンスタンク)ロゴ

《株式会社CONSTANKロゴ》

【事業ドメイン】
・不動産関連事業
・金融コンサルティング事業
・各種セミナー開催

 

【設立背景・ミッション】

日本では今、かつて経験したことが無い急激なスピードで少子高齢化が進んでいます。

また、都市部への過度な人口集中も変わらず増加しており、このままでは地方の経済や健全な暮らしが立ち行かなくなる可能性が指摘されています。日本がこれまでエネルギッシュに活動し、豊かな生活を営んでくることが出来た原資は「経済」であり、その経済の見通しが明るかったからこそ、生活設計や未来に十分な可能性を感じることが出来ました。

しかし、昨今では「所得格差の拡大」や「消費税増税」、そして「老後2,000万円不足問題」など、将来の生活を脅かしかねない要素が次から次へと生まれているだけでなく、約2,500億円の経済損失とも言われている「新型コロナウィルス」による深刻な影響が、日本経済の更なる低迷へ追い打ちをかけようとしています。

この日本の状況下において、株式会社CONSTANKは、磨かれた先見性と幅広い専門知識を備えたスタッフが資産運用をトータル的にアドバイスいたします。株式会社CONSTANK自身が不動産ストック等で安定収益を確保し、コンサルティング事業においては提携業者のリターンに頼らないことで独立性を確保し、顧客の利益を最優先した資産運用の形成をサポートし、かつ投資による活性化により、顧客の資産形成及び日本経済の発展に貢献してまいります。

 

【代表プロフィール】

代表取締役:田中晃
1980年生まれ
1級ファイナンシャル・プランニング技能士
同志社大学卒業後、某共済生活協同組合にて保険をメインにFP相談業務
某1部上場企業の人事部において社員向け資産運用企画を経験
株式会社CONSTANKを設立
TwitterにおいてFX情報をメインに発信し、無料相談等をしていた所、アメリカメディア、ヘラルド社のニュースサイトにメディア配信の実績あり

 

【会社概要】

法人名:株式会社CONSTANK(コンスタンク)
役員:
代表取締役 田中 晃
設立年月:2020年1月
資本金:300万円
事業内容:
・不動産関連事業
・金融コンサルティング事業
・各種セミナー開催
所在地:
・本社 〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20階
・神戸支社 〒650-0011 兵庫県神戸市中央区下山手通2-13-3  建創ビル8階

 

【本件ならびに取材等のお問い合わせ先】

販売業者名:株式会社CONSTANK(コンスタンク)
担当者:田中 晃
電話番号:06-7711-1533(本社)
担当者携帯:070-4442-4729
メールアドレス:info@constank.co.jp
※担当者携帯、もしくはメールアドレス宛てにご連絡ください。
公式ウェブサイトURL:https://constank.co.jp/

 

【プレスリリース・ダウンロード】

プレスリリース(PDFファイル)は下のリンクからダウンロードできます。

【プレスリリース】老後2,000万円問題などで先が見えない日本経済を救え! (81 ダウンロード)
カテゴリー: プレスリリース

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です